MENU

女性起業家が自宅開業で失敗する理由

ネイルサロンなどのサロン系や
趣味関連の教室、小規模の塾などを
開業する場合、空きテナントを
利用する以外にも自宅を利用して
開業することができます。

このような自宅開業は
ネットショップなどを
はじめとして最近開業を
検討している人たちの間でも
人気を集めています。

でも通常の開業と違うからこそ
注意しておかなければ
いけない点もあるのです。

そこで今回は、自宅開業をする場合に
注意しておかなければいけない
ポイントについて紹介します。

  • 十分な開業資金を用意しておく
  • 所在地が自宅の住所になる
  • 居住スペースと事務所スペースは独立させる
目次

十分な開業資金を用意しておく


これは自宅開業でなくても
心得ておかなければ
いけないポイントです。

自宅をそのまま
利用するのであれば
あまり費用がかからないのでは
ないかと考えている人もいます。

開業する業種によっては
自宅内に設備が整っている場合も
あるので、店舗テナントで
開業するよりも費用が
かからない場合もあります。

しかし自宅はあくまでも
居住空間なので、そこから
営業用の空間を作るためには
当然費用がかかります。

内訳としては設備や備品、サロンなどの
雰囲気作りが重要な業種の場合は
空間の改装費用、さらに経営が
軌道に乗るまでの運転資金を
調達しておく必要があります。

独立開業となるとそのほとんどを
自己資金で賄う人が
多いのですが、自己資産以外の
資金繰りが必要になった場合には
どのような方法で不足資金を
準備できるのか考えておきましょう。

所在地が自宅の住所になる


自宅開業は名前の通り、自宅が
事務所兼店舗の役割を果たします。

そのため
集客のためのホームページを
作成した場合や名刺を
作成した場合、掲載する住所は
全て自宅のものです。

特に独立開業の場合は
他に掲載できる住所が
存在しないので、個人情報の
ひとつである自宅の住所を
自ら公開していかなければいけない
ところは理解しておく必要があります。

居住スペースと事務所スペースは独立させる


自宅開業で一番気をつけて
おかなければいけないと
言われているのが、居住スペースと
事務所スペースをそれぞれ
独立させるところです。

自宅開業のイメージでは
リビングで接客をしながら
対応するというものが
ありますが、実際の自宅開業では
居住スペースでの接客はできません。

これは顧客のプライバシーや
個人情報の流出を防ぐ意味でも
重要ですし、開業している側の
プライバシーや個人情報を
守る意味も含まれているのです。

そのため厳重に
顧客の個人情報を
管理できる空間を
作る必要があります。

玄関から事務所スペースに
向かう間に居住スペースが
ある間取りでは
開業できない場合もあります。

まとめ

.
独立開業による
自宅開業は、テナントを
利用した開業よりも初期費用を
押さえやすいところや
コストを削減できるところが
大きな魅力です。

その反面、自宅を店舗として
運営していくためには
自宅の間取りそのものに
注意が必要になってきます。

個人情報の一部である住所を
公開しなければいけないなどの
注意すべき点もいくつか見られます。

これらの点を考慮しながら、独立開業や
自宅開業が出来るのかどうかを
検討するのが重要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次