MENU

開業資金が不足していても開業する方法

同業種での会社員生活や、技術習得への
努力の結果、開業するだけのスキルを
身につけたと思える段階に入った方は
いよいよ独立開業への具体的なプロセスを
考え始めるものです。

あなたは独立開業の準備はできていますか?

貯金が豊富にあり、必要な設備や
店舗に対してお金を十分にかけられる人は
問題ありませんが、多くの起業家はいかに
少ない資金で開業をするかを
考えなければなりません。

初期投資が少なければ
開業後に採算が取れるように
なるまでの期間を短くできます。

開業することに関する
リスクそのものを
少なくすることができます。

できるだけ少ない資金で
開業するために初期投資を
おさえるコツをまとめて
みました。

参考にしてみてください。

目次

基本は開業経費の見直し


一般的な商売に必要なものは、

  1. 仕事をする場所(店舗など)
  2. 商品を作るための材料(設備や事務機器を含む)
  3. 仕事を進めるためのスタッフ
  4. 仕入れ代などの運転資金

の4つです。

飲食店などのお店を
始めるのを考えると
わかりやすいでしょう。

いわゆる
ヒト・モノ・カネ
と言われるものです。

もちろん立地の良い場所に
出店すれば商売が成功する
可能性は上がります。

人材派遣を利用すれば
自社で人材を育成しなくても
開業と同時にプロのスタッフに
仕事をさせることができます。

しかしこれらが本当に
必要なものなのか?

お金をかける以外の
選択肢はないのかと
思案することが
少ない資金での
開業に繋がります。

飲食ビジネスは居抜きを検討してみる


飲食業などでは、居抜き物件を
利用する方法があります。

居抜き物件は
直前のテナントが
同業種であったもので
設備をそのまま
利用することができ
改装にお金がかかりません。

ただし
同じ商売を同じ場所で行い
失敗しているという経緯が
あります。

商売を始める人は
ゲン担ぎなどを意識する方が
多く、いわゆる「ケチ」が
付いていることを
気にするものです。

そのことから物件として
人気はあまりなく、そこを
上手く利用すれば仕事をする
場所についてのコストを
抑えることができます。

初期投資の上で
かなり大きな違いに
なるでしょう。

原材料・食材の見直し


また商品を作る上で
必要になる材料を
安く仕入れることも重要です。

原価率が低いほど利益率が上がり
思ったほど売り上げが
上がらなくても利益率によって
収益が守られることがあります。

納入業者は山ほどあるでしょうが
コストと品質にちゃんと折り合いが
ついているか、もっと安く、同程度の
品質の材料を仕入れることができる業者は
無いかと絶えずアンテナを張っておきましょう。

無店舗ビジネスを検討する


最近では
ネットビジネスの台頭により
業種によっては店舗を
構えなくても商売ができる
ことがあります。

店舗を運営する必要が
無ければテナント費用だけでなく
人件費についても大きく削減できます。

お客様にとって快適な空間を
維持するのは非常に
手間のかかることなのです。

もちろん、社会的な信用度合いや
さらに商売を大きくする前提が
あれば店舗やオフィスを
用意する必要があります。

あくまでも少ない資金で
開業することを考えれば
非常に有効な手段ではあります。

開業資金が不足していても開業する方法のまとめ


少ない資金で開業するための努力は
重要ですが、お客様に最高の品質のものを
提供することは忘れるべきではありません。

目先の支出を削減することで
品質が低下すれば商売の成功は
無いでしょう。

努力と研鑽のあとに、きっと成功があるものです。

まずは開業経費の見直しをしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次