MENU

【女性起業】美容室開業に必要な資金はいくら?

美容師の仕事にも慣れ、将来は独立開業してみたなあ
と考える女性も多いのではないでしょうか。

「将来は開業したい」

と目標を立てたものの開業するために
資金がどのくらいかかるのか知っている方は
少ないのではないでしょうか。

それでは美容室の開業資金にいくら必要か知っていますか。

この記事は美容室開業を目指している人のために
開業に必要な資金についてまとめてみました。

ぜひ参考にしてください。

目次

美容室開業に関わる全体の費用


まず最初に美容室開業に
関わる費用についてお話しします。

美容室開業に必要な費用の
種類は大きく分けて

  • 物件取得費
  • 内装工事費
  • 開業費

の3つに分かれます。

これらの費用を把握し
事業計画を立てることは
開業を目指す方が
最初に取り組まなければ
ならないことです。

そうでなければせっかく用意した
開業資金を無駄にしてしまうことにも
なりかねません。

物件取得費


開業においてまず最初に
必要となるのが、店舗を営業するための
物件を用意する物件取得費です。

必要となるのは

  • 保証金
  • 敷金
  • 初回家賃

などが予想されます。

これらの費用についての
確認を怠ると、出足から
躓いてしまいます。

特に保証金は重要です。

美容室に限らず事業の開業において
保証金の返金がトラブルになる
ケースが多いのでしっかり確認する
必要があります。

内装工事費


おしゃれな美容室を
作るためには、内装工事費は
欠かせません。

この費用は
美容室開業において
最も比率が大きい費用
でもあります。

具体的な費用は
物件の状況や設計グレード、業種により
変化しますが、美容室の場合

坪単価30万円からが

一般的とされています。

ですが、グレードを下げたり
仕上げの工夫によって費用を
安く抑えることが可能です。

また業者によっても
費用が異なることがあるので
複数の業者に見積もりをしてもらい
工事費用を比較するのが確実です。

開業費


物件取得費、内装工事費について
目処が立ったら次は開業費です。

開業費にはチラシ・HP作成費と
いった広告宣伝費、レジやシャンプー・カラー剤と
いった消耗品のための備品購入費などがあります。

先の2つの費用に比べれば
開業資金に占める割合は大きくは
ありませんが、可能な限り安く抑える
工夫をすることが大切です。

美容室開業のための融資


美容室の開業費用を
全てまとめると

およそ1000万円~2000万円程

かかる計算になります。

ですが
これほど大きな金額を
全て一人で用意するのは
至難の業です。

そこで、開業を目指す方は
日本政策金融公庫からの
融資を利用することができます。

実際に開業費用を全て自分で
用意する方は少なく
ほとんどの方は
融資を利用しています。

融資を利用するためには、創業計画書が必要です。

これを記載するためには
上記の費用を把握しどのように
調達するのかという計画を
しっかり立てなければなりません。

また融資も無尽蔵に
受けられるわけではなく
ある程度の自己資金が必要です。

現実的な融資基準は開業費用の
およそ3分の1とされています。

日本政策金融公庫は

「新創業融資」の自己資金要件を
10分の1に緩和しました。

しかしその程度の自己資金では
融資審査の通過は厳しいようです。

融資を受けるためにも、より多くの
資金を集める必要があります。

【開業資金】美容室開業に必要な資金はいくら?のまとめ

以上の話をまとめると
日本政策金融公庫からの
融資を受ける場合、開業費用の3分の1を
開業資金として自分で用意する必要があります。

これから美容室を開業される方は
開業に必要な費用を正確に見積もり
計画的な資金集めと準備を行うことが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次